人気閲覧ページランキング

病院での治療法

病院を受診した際、実際にどういった方法で治療しているのかも気になるところ。病院での治療法にスポットを当てています。

 

病院での治療法記事一覧

ツラい、不快なひざの痛み。完治するなら1日でも早いほうがいいと思うのは当然ですね。ですがほんの小さなキズでも一晩経てば跡形もなく消えるということはありません。ひざの痛みもそれと同じで、一朝一夕にはいかないのが現状です。仮にひざを人工関節に入れ替えたとしても術後の痛みはありますよね。半月板の手術を受けても、人によっては術後しばらく痛むことがあります。なので一瞬にして完治する方法はないと言えます。完治...

何をやっても痛みが引かない、なかなか治らないひざの痛み。一体いつまで続くのか、と思う患者さんも少なくありません。痛みは異常のサインですから専門医を受診することはもちろんですが、自分なりに様々な角度から痛みを分析してみましょう。痛みと向き合おう例えば、どういったシチュエーションで痛むのか具体的にどこがどう痛いのか、それはいつからか同じことをするたびに痛むのか温める、もしくは冷やすことで変化は見られる...

基本的に膝の痛みは手術ではなく、運動療法などの保存療法が主流です。ですが中には手術が適用されるケースも少ないながら存在します。保存療法は膝まわりの筋力を鍛え、関節にかかる負担を緩和することで痛みや炎症を抑えていく治療法です。手術対象になる患者さん対して手術療法ではひざが本来持つ機能を根本的に回復させることが目的のため、リハビリ期間が必要ではあるものの症状そのものは劇的に改善されます。手術療法が用い...

ひざの痛みを抑える薬の代表的なものとして、外用薬の湿布を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。ですが外用薬だけでなく、痛みや炎症の度合いによっては内服薬および坐薬が処方されることもあります。それぞれにメリット、デメリットがありますので用いられる薬毎に見ていきましょう。薬の種類メリットデメリット外用薬(湿布、塗り薬)副作用が少なく、患部に直接塗れるニオイやかぶれがある内服薬(飲み薬)人に気づかれ...

東洋医学の一環である漢方薬は、膝痛治療にも効果を発揮します。漢方薬を飲むことで磨り減った軟骨が元に戻るわけではありませんが、炎症を抑える痛みを鎮めるひざの水を溜まりにくくするこれらの不快な症状を緩和するのに用いられます。漢方薬は補助的な治療として、もしくは第2の選択肢として処方されるケースが多く、目に見えて効果が現れるのにだいたい2〜3週間程度かかるので気長に取り組みましょう。使われる薬にいくつか...

美容に関心のある方なら、ヒアルロン酸と聞けばシワとりやプチ整形を思い浮かべるのではないでしょうか。施術例も多数ありますし、個人差はあるものの効果のほども実証されています。ですが膝痛治療にもヒアルロン酸注射は使われているのです。美容に使うものと治療に使うもの、どうつながりがあるの?と思いますよね。ヒアルロン酸とひざの意外な関係実はこの物質、関節の内部を満たしている関節液の主成分なのです。ですが膝に炎...

1日15分 30日続けるだけで「膝の痛み」を忘れてしまう……

ひざの痛み

元阪神タイガーストレーニングコーチ。数々の著作でおなじみの中川卓爾氏監修。薬を使わず、根本からひざの痛みを改善していくいま話題のストレッチDVD。

 

 >>   公式サイトをチェック