人気閲覧ページランキング

どんな手術があるの?

腰痛 手術

 

基本的に膝の痛みは手術ではなく、運動療法などの保存療法が主流です。

 

ですが中には手術が適用されるケースも少ないながら存在します。

 

保存療法は膝まわりの筋力を鍛え、
関節にかかる負担を緩和することで
痛みや炎症を抑えていく治療法です。


手術対象になる患者さん

対して手術療法ではひざが本来持つ機能を根本的に回復させることが目的のため、
リハビリ期間が必要ではあるものの症状そのものは劇的に改善されます。

 

腰痛 手術

手術療法が用いられる一例として、

  • 内服薬や外用薬を用いても痛み、炎症が治まらない
  • 軟骨の磨耗が進み骨の変形が起こっている
  • 痛みのあまり日常生活に多大な影響を及ぼしている

などが挙げられます。

 

 

手術内容を見てみよう

実際に受けるとなると、どんな手術があるの?と思いますよね。

 

では具体的な手術法を見ていきましょう。主に3種類あります。

関節鏡視下手術

内視鏡を用いて変形した軟骨や半月板を切除する方法

高位脛骨骨切り術

変形を起した脛骨の一部を切除する方法

人工膝関節置換術

膝関節を取り除き、人工関節に置き換える方法

 

関節鏡視下手術

関節鏡視下手術ではひざ関節専用の内視鏡を使い、
変形や断裂を起した半月版、磨耗が進行した関節軟骨を取り除きます。

 

高位脛骨骨切り術

高位脛骨骨切り術では軟骨の磨耗により変形を起こした脛骨の一部を切除します。
主にO脚の治療に用いられます。

 

人口関節置換術

人工膝関節置換術は、ひざ関節を取り除き、人工関節に置き換える方法です。
この方法には2種類あり、関節全体を置き換える「全人工膝関節置換術」
損傷の激しい部分のみを置き換える「人工膝関節単顆置換術」があります。

 

以前は全人工膝関節置換術が9割を占めていましたが、
現在では体にかかる負担の少ない人工膝関節単顆置換術も増加しつつあります。



 

 

1日15分 30日続けるだけで「膝の痛み」を忘れてしまう……

ひざの痛み

元阪神タイガーストレーニングコーチ。数々の著作でおなじみの中川卓爾氏監修。薬を使わず、根本からひざの痛みを改善していくいま話題のストレッチDVD。

 

 >>   公式サイトをチェック