人気閲覧ページランキング

ツボで痛みを緩和

腰痛 ツボ

 

ヒトの体のあらゆるところに存在するツボ。
優しくさする刺激法から指で気持ちいいと感じるまで圧迫する方法まであり、
人体のあらゆる箇所に作用します。

 

膝痛を和らげるツボもそのひとつで、
ここではツボで痛みを緩和する方法を紹介しています。
いくつかありますので、ひとつずつ見ていきましょう。

 

名称 場所 効果ポイント
内膝眼
(ないしつがん)
ひざのお皿のすぐ下から指1本くらい内側 ひざの内側が痛む時
風市
(ふうし)
立った状態で両手をおろし大腿に当てた時の中指の位置 ひざの外側が痛む時
湧泉
(ゆうせん)
足の裏の中央あたりにあるくぼみ ひざ全体が痛む時

 

 

痛いけれど気持ちいいツボ刺激

内膝眼(ないしつがん)

一つ目は内膝眼(ないしつがん)です。
ここはひざの内側が痛む場合に有効なツボで、
ひざのお皿のすぐ下から指1本くらい内側にあります。

 

腰痛 ツボ

風市(ふうし)

二つ目は風市(ふうし)です。
ひざの外側が痛むときはここを刺激しましょう。
立った状態で両手をおろし大腿に当てた時、中指の位置に当たります。

腰痛 ツボ

湧泉(ゆうせん)

三つ目は湧泉(ゆうせん)で、ひざ全体が痛む時にここを刺激します。
足の裏の中央あたりにあるくぼみがこのツボに該当します。

腰痛 ツボ

 

場所がわかりにくい時は一度鍼灸院で診てもらうのもひとつの方法です。
その際家庭でできる簡単な刺激法を聞いてみるのも良いですね。

 

刺激法ですが、痛いと感じるほど力を入れてはいけません。
最初は控えめに、徐々に力を加えて押していきましょう。

 

 

ツボ刺激で、心も体もリラックス

リラックスした状態で、ゆっくり息を吐きながらグッと押していきます。
1回3分、これを1日に3回ほど取り入れてみてくださいね。

 

最近では100円ショップに青竹踏みやツボ押しグッズなどもありますから、
そういったものを取り入れるのもいいでしょう。
ちなみに筆者は青竹踏みを愛用しています。



 

 

1日15分 30日続けるだけで「膝の痛み」を忘れてしまう……

ひざの痛み

元阪神タイガーストレーニングコーチ。数々の著作でおなじみの中川卓爾氏監修。薬を使わず、根本からひざの痛みを改善していくいま話題のストレッチDVD。

 

 >>   公式サイトをチェック