人気閲覧ページランキング

予防するには

ツラい、不快なひざの痛み。ここでは痛くなる前に予防しようという方法を紹介しています。

 

予防するには記事一覧

ただでさえ痛くてツラいひざの症状、もうこれ以上悪化させたくないと思うのは誰しも同じです。ですがどうすれば悪化を防ぐことが出来るのでしょうか。痛みの他に腫れや水が溜まっているような症状があればそれらが治まるまで安静にしておく必要がありますが、痛みだけの時は少し頑張って動かしてみましょう。こんなにある!悪化させない方法ただしハードなジョギングや運動は余計にひざに負担をかけるため、できればゆったりした運...

ひざのサポーターといえば、バレーボールの選手が身につけているものを想像する人が多いでしょう。ですがひざが痛い、と感じる人のためのサポーターもちゃんと存在します。とは言え両者は全く別物で、スポーツ用のもので膝痛を軽減することはできません。そもそも両者の使用目的が大きく異なるためです。スポーツ用と膝痛対策用、各タイプの役割は以下のようになっているので、使用目的にあったタイプのものを取り入れましょう。ス...

テーピングと言えばバレーボールの選手が指先に巻いているところを想像する人が多いのではないでしょうか。あれは何故巻いているのかというと、指先の保護のためですよね。ひざに巻くのも同じ効果を期待してのことです。患部の保護及び固定が主な目的なので、巻き方をマスターしてみましょう。慣れるまでは難しく感じられますが、挑戦する価値はありますよ。膝痛対策のテーピング準備まず最初に、テーピングの準備をしましょう。伸...

長時間のドライブや座りっぱなし、立ちっぱなしの体をほぐすために行うストレッチは、心身の緊張をほぐしてくれるカンタンな運動です。実はこのストレッチ、膝痛解消にも効果があるのです。ストレッチと膝痛ひざが痛むために運動不足に陥り、さらに膝痛が悪化する。これは悪循環以外の何物でもありません。ですが膝関節周辺の筋肉を鍛えることで痛みが軽減されることもわかっています。腫れや熱感、炎症などの急性症状があるときは...

ひざが痛いとついつい動くのが億劫になったり、痛む方の足を庇うため動作がぎこちなくなってしまいますよね。ですがこれらの行動が余計にひざの痛みを悪化させているとなればなんとかしたいとも思うでしょう。ではどうすればよいのでしょうか。方法はいくつかありますが、「スポーツでひざを鍛える」です。そんなこと痛いのに出来るわけない、と思いますよね。ですがひざは痛むからと動かさずにいたら余計に悪化します。なのででき...

加齢とともに現れるひざの痛み、仕方がないと諦めていませんか?磨り減っていく軟骨を再生することはできませんが、筋肉量を増やすことである程度予防することが可能です。意識的に運動しよう若いあいだは運動不足や筋力不足であってもさほど気になりませんが、やはり年齢を重ねる前に自衛しておくことが大切です。とは言え何も特別なことをする必要はないので、具体例を見ていきましょう。まず下半身、特に太ももの筋肉を鍛えるこ...

ひざが痛む時、無意識にひざだけをマッサージしたりしていませんか?実はこれは間違った行為であり、痛むところだけを集中的に刺激しても効果はあまり期待できません。脚全体をマッサージマッサージで和らげるには痛むところを中心に、上下・左右全ての筋肉を揉みほぐすつもりで行いましょう。脚は筋肉を通じて上半分と下半分とがつながっていますから、影響が大きいのです。この方法を行う前に、ひざのどこが痛いのかをきちんと特...

ひざが痛むときは極力安静にする、それは間違ってはいないのですが、痛みのない時も動かさないようにしてはいませんか?実はそれは間違いで、軽い運動や体操はむしろ必要なことなのです。オススメはラジオ体操です。時間的にちょうど良いですし、様々な運動要素が盛り込まれているため、飽きることもありません。インストラクターは立っている人と座っている人がいますよね。痛むときは座って、大丈夫な日は立って行えばよいのです...

1日15分 30日続けるだけで「膝の痛み」を忘れてしまう……

ひざの痛み

元阪神タイガーストレーニングコーチ。数々の著作でおなじみの中川卓爾氏監修。薬を使わず、根本からひざの痛みを改善していくいま話題のストレッチDVD。

 

 >>   公式サイトをチェック